• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

りんごのお話 ~ 久万高原町

つれづれなるままに日々の出来事つづってます

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


耕楽一日研修

  1. 2013/06/15(土) 06:23:12_
  2. 地域情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
6月14日 農作業は一休み

認定農家の集まり農業経営者協議会女性部「耕楽」の1日研修に
出かけました

希望者が多かった2年越しの目的地は宇和島市遊子地区の段畑
じゃが芋の収穫は終わっていましたが
現地を見て坂を登って体感し
この地で暮らしている人達の日常に思いをはせる時間は
とても有意義なことだったと思います

現地の漁師さんが先頭にたって歩きながら
遊子という地名の由来
こうして石積みの畑が出来上がった遊子の歴史を細かく教えてくださいました

それはまさに栄枯盛衰の歴史
さつま芋栽培・養蚕・真珠養殖・ハマチ養殖いずれも天国から一転地獄の
浮き沈み

売れなくなったさつま芋を山積みしていたら新聞にも乗るほどのネズミの大繁殖
その数は人口一人当たり200匹にも達し
ネズミ退治に追われた話は印象的でした

何年か前
忘れられようとしていた畑の景観を守ろうと立ち上がった人たちが
じゃが芋を栽培するようになりそれが美味しいことからブランド化し
現在に至っているようです

高さ10メートルにも及ぶ段畑は下から順番に草引きして行って
やっと半分まで済み一休み
上から見下ろすをもう草が伸びてきていて・・・(;゚Д゚)!
っという話は苦労が偲ばれて身にしみました

石垣の間に生えてくる草もちゃんと除けてやらないと
垣が崩れてしまいます
この管理だけでも大変なことでしょう

収益の為大規模化し大型機械を使って一気に作業する
農業の体制がそちらを目指す中 一方では
景観を守りコツコツと頑張っている農業者もいるんですね

研修を終え
我が身の幸せをかみしめ今日も袋かけに行ってきます

250614danbata3.jpg

250614danbata1.jpg

250614danbata2.jpg250614kichincar.jpg

スポンサーサイト


 
 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

正岡りんご

Author:正岡りんご
四国の軽井沢とよばれる久万高原町にある観光りんご園のブログです

ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ

クリックして下さいね

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。