• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

りんごのお話 ~ 久万高原町

つれづれなるままに日々の出来事つづってます

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今頃・・・気がついたんでしょうか?

  1. 2011/04/19(火) 08:04:14_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日の国会中継
疲れはてたような菅総理
視察に行ったことがそんなに悪かったのでしょうか?
見ないとわからないこともあるでしょう
今までどういった行動をとってきたのか初動の遅れが
どうのこうのと攻め立てて総括する
そんな時期ではないと思います

又、与党の答弁は一々前のマイクのところへ
移動しないといけないのでしょうか
海江田さんは自分の椅子に座ったと思ったら
また直ぐに立ち上がって前へ
もっとスピードアップできるよう改善できないのかな
っと思ってしまいます

もう一点
原子力安全委員会・保安院って機能しているんでしょうか?
福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解
読売新聞 4月18日(月)20時48分配信

 経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は18日の記者会見で、
1~3号機の核燃料が「溶融していると思われる」と述べ
、内閣府の原子力安全委員会に報告したことを明らかにした。

 保安院はこれまで、核燃料の損傷が3%以上としてきたが、
「溶融」との見解を出したのは初めて。

 保安院は炉心の壊れ具合によって3段階に定義されると報告。
「炉心損傷」は、焼き固めた燃料(ペレット)を覆う金属の被覆管が壊れているが、
燃料体の形は崩れていない状態。ペレットの一部が溶けだしている状態を
「燃料ペレットの溶融」、溶けた燃料が下に落ちていくのを
「メルトダウン(炉心溶融)」とした。

 その上で、「ペレットが溶融している」とした理由について、
2、3号機は「ペレットが溶融して生じる放射性物質が高濃度の検出された」ことを、
1号機は「水素爆発に至った」ことを挙げた。


そんな状態で
このあと東電の示した工程表通り終息が可能なんでしょうか?
原発が安定しない限り、外国からの観光客の減少
復興はないと思います
スポンサーサイト


 
 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

正岡りんご

Author:正岡りんご
四国の軽井沢とよばれる久万高原町にある観光りんご園のブログです

ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ

クリックして下さいね

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。