• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

りんごのお話 ~ 久万高原町

つれづれなるままに日々の出来事つづってます

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帆に風、やがて咲く花さんのブログ

  1. 2011/04/11(月) 07:30:10_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一番安価に電気が作れるからといって
原発にたよっていていいのでしょうか?
古くなれば必ず廃棄しなければならなくなります
その処分場も決まらず莫大なお金のかかることは必至

以下は帆に風、やがて咲く花さんブログ
より 一部引用させていただきました
ショックです

核廃棄物の最終処分が難しい理由は、実はその先である。
廃棄物が出す放射線が、生物にとって安全なレベルに下がるまで、
欧州の基準では少なくとも10万年かかるとしている。
つまりオンカロは、人類の歴史にも匹敵する膨大な歳月の間、
安全性の確保が求められるのだ。
革命や戦争が起きたり、気候や地殻の大変動に見舞われたりしたとしても・・・

最も危惧されているのは、今の人類が姿を消したあとの未来の知的生物が処分場に侵入し、
放射線が漏れ出してしまうシナリオだという。
そうならないよう、近づくと危険だという警告を伝えた方がいいのか?
しかし、どうやって?あるいは何もせず、
記憶から消し去ってしまう方がいいのか?
原子力というパンドラの箱を開けた人類が直面する難問を描く。


スポンサーサイト


 
 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

正岡りんご

Author:正岡りんご
四国の軽井沢とよばれる久万高原町にある観光りんご園のブログです

ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ

クリックして下さいね

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。